MENU

ハゲる原因

不衛生な頭皮
汚れたまま放置された頭皮は、毛穴に皮脂やゴミがたまって毛が生えづらくなります。

シャンプーしても洗い方が悪いと効果がない

毎日シャンプーをしている方でも、洗い方が正しくない場合や、シャンプーがあっていないと、汚れはたまったままになってしまいます。また、逆に洗いすぎて乾燥してしまった頭皮は、肌のバリア機能が低下して汚れがつきやすくなってしまいます。

たとえ頭皮をきれいに洗えていても、ドライヤーをせず生乾きの状態で放置している方、雑菌がどんどん増えていますよ。

頭皮のケアが適切にできていないことから、ハゲるという人は多いのです。
タバコの吸いすぎ
タバコを吸うことで、血管が収縮するというのはご存知ですか?

たばこを吸うと血管が縮む

タバコを頻繁に吸う人は
つねに血管が収縮した状態になっているということ。

頭皮への血流がいきわたらず、結果、毛に必要な栄養もいきわたらなくなって、禿げるのです。いきなりタバコをやめるのはキツイという方は、少しずつでもいいので本数を減らしていきましょう。
刺激を与えすぎている

頭皮のマッサージのし過ぎは、逆効果

頭皮をマッサージしすぎている人、くしでとんとんと叩いているというひと
適度な刺激は頭皮にとって良いことですが、やりすぎはNGです。

強い刺激を与えると、頭皮の毛細血管が壊れてしまったり、炎症を起こしてしまい、血行が悪くなってしまうのです。マッサージをするときは指の腹で行い、やさしく、痛みを感じない程度に行いましょう。

また一日何度もするのではなく、1〜2回程度にしておくと良いでしょう。
さまざまな原因
この他、ストレスやホルモンバランスの乱れ、食生活の偏り
間違った生活習慣など、ハゲる原因はさまざまあります。

なにをやってもダメという方は、もしかしたら病気が原因の薄毛の可能性もあります。
一度病院で血液や内臓の働きを診てもらうのも良いでしょう。

抜けて当然?!毛周期とは

毛は、ずっと同じものが生え続けているわけではありません。毛穴は順番に、毛を生やしたり、休んだりを繰り返しています。この周期を「毛周期」と呼びます。

 

毛周期は5段階あり、まず毛がまったく生えていない状態の「休止期」、毛が生えてこようとしている「成長初期」、毛が皮膚の下で伸びてくる「成長期」、毛が皮膚の上にでてきて、肉眼でも確認できるようになる「成長後期」、そして毛が抜けかけている「退行期」です。

 

髪の毛はもちろん、体毛もこのサイクルで生えたり抜けたりを繰り返しています。部位によって生えかわるサイクルや、毛が伸びてくる長さは異なります。

 

髪の毛の場合、成長期になった毛は1日に0.3〜0.5ミリずつ伸びて、数年伸び続けます。伸び続けた毛は、数年経つと「退行期」になり、やがて抜けて、毛穴はしばらく「休止期」になります。
毛穴のサイクルにあわせて、毛は自然と抜けるので、一日50本〜100本くらい毛が抜けるのは自然なことなのです。

 

ポリピュアexトップへトップに戻る

ハゲには原因があった!|遺伝や前兆など様々な知識を学ぼう記事一覧

女性は、ハゲている男性を異性として意識しないのか?ハゲていると婚活に不利なのか?実際にハゲると、もう結婚できないかも・・・なんて、思っていませんか?そこで、女性にハゲの方のイメージを聞いてみました!あまり気になりません婚活する場合、別に相手の男性がハゲていても髪の毛が薄くても、気になったことはありません。確かに頭や顔は一番目につくところですが、だからといって髪の毛の多さが優しさや責任感、性格の良さ...

「ハゲは遺伝する」っと昔から言われます。そのなかでも父親がハゲだと、高確率で薄毛になると言われます。しかし、本当にそうでしょうか?確かに確率的には、ゼロではないかと思います。でも、決してそうだとは思いません。答えは、結果ではなく遺伝情報のなかにあります。男性のハゲの原因の多くは、男性型脱毛症であるAGAです。しかし、その直接の原因は男性ホルモンの過剰分泌です。それは、遺伝情報を調べてみると実は父方...

ハゲの部分を隠そうと、長い部分を無理やり持ってきてかぶせていませんか?そういう「必死なハゲ隠し」ほど、余計に目立ってしまうものです。ハゲを隠すための髪型で一番おすすめなのは、ズバリ「短髪」です。スキンヘッドや坊主にしろとまでは言いませんが、短く切ってしまったほうが、多少ハゲていても清潔感があり、印象はぐっと良くなるのです。俳優さんでも、あきらかにハゲなのに、清潔感を出すことで「ハゲ感」を感じさせな...

まず、毛を構成しているのは「たんぱく質」です。せっかくいろいろな栄養を摂っても、毛の元になるたんぱく質がないと毛はできてきませんので、魚や肉、牛乳、大豆、豆腐などの大豆製品から積極的にたんぱく質を摂るようにしましょう。細胞分裂を活発にさせ、毛を健康にするのは、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンEといったビタミン類です。ナッツ類やレバー、ニンジン、ホウレンソウと言った緑黄色野菜、卵や乳製品を摂りましょ...

禿げていないひとでも、一日に50〜80本くらい毛は抜けていると言われています。これは毛が生えかわる周期にあわせて起きる抜け毛ですので、当然のこととなのです。ふつうのひとなら、抜けたあと、しばらく毛穴は休んで、また生えてきます。ハゲのひとは抜け落ちるサイクルが早い、あるいはもう生えてこないため薄毛が進行してしまうのです。ハゲに悩んでいる方は、やはり抜けないようにしたいですよね。一年中抜け毛はあります...

「怒りっぽいひと」や「頑固おやじ」は禿げている、そんな印象ありませんか?実は性格によって禿げるひとと禿げにくいひとがいるのです。禿げる性格は「せっかち」「すぐ怒る」「几帳面すぎる」等があげられます。なぜこういうタイプのひとが禿げやすいのかというと、怒ったりイライラすることで自律神経が乱れて、これにより血管が収縮したり、血行が悪くなりがちなのです。つねにイライラしていたり、焦っていると、いつも頭皮の...

頭皮が痛いという方、もしかしたらそれは・・・抜け毛や薄毛の原因にまつわるものかもしれません。シャンプーやリンス、白髪染め、ヘアカラーの成分が刺激となって、頭皮の痛みに繋がっているケースがあります。とくにヘアカラー系は要注意です。染めるとき、なんとなくひりひりする、痛みを感じるという場合は、その成分が肌に合っていない可能性があります。痛みを感じはじめたらすぐに洗い流して、今後は使わないようにしましょ...

頭皮の臭いがあるという方、もしかしたらそれはハゲの予兆かもしれません。頭皮が臭いということは、それだけ皮脂や汚れが溜まっているということです。その皮脂や汚れは、だんだん頭皮の毛穴に溜まっていき、本来生えるはずだった毛を阻んでしまいます。また、いま生えている毛も頭皮環境が良くないと抜けてしまいがち。頭皮が臭いかなと思ったら、そのまま放置せず、丁寧なシャンプーと頭皮ケアを心がけるようにしましょう。頭皮...

薄毛は頭皮の問題です。でも、それだけではないかもしれません!薄毛の原因は病気であったり、ホルモンバランスの乱れが原因かもしれないのです。とくに言われているのが「甲状腺の病気で薄毛になる」ということ。甲状腺とは首にあたりにあるホルモンを出すための器官です。甲状腺が正常に働いていると、適切な量のホルモンが分泌されて、体調を整えたり気持ちを落ち着けることができます。この甲状腺の働きがおかしくなる病気が「...

髪のことで悩んでいるひとは、日本に1万人以上いると言われています。毛が細くなってきたと悩んでいるひとから、完全につるつるになってしまって悩んでいるひとまで、髪の悩みは尽きません。いま髪があるひとでも「髪に自信がない」「もっときれいな髪になりたい」と悩んでいるひともいます。日本人の4割が、髪についての悩みを持っていると言われているくらいです。髪について悩むのは、まわりの目を気にする日本人にありがちな...

ハゲの種類はいろいろあります。男性型脱毛症(AGA)と呼ばれるハゲにも、頭頂部や後頭部がまるく禿げてくる「O型」、額のサイド部分から禿げて、どんどんその部分が後退していく「M型」、生え際に向かって、分け目が広がるように禿げていく「U型」「A型」があります。とくに気をつけたいのが「U型」「A型」のハゲ方です。一見「O型」のように、頭頂部が禿げてしまうほうが危険と思いがちですが、頭頂部のハゲは生活習慣...

髪の毛は毛穴から生えています。毛穴のなかがどうなっているのか、あなたはご存知ですか?毛穴の一番深いところにあるのが「毛球」というものです。この毛球は、「毛母(もうぼ)細胞」と「毛乳頭(もうにゅうとう)」というものからできています。毛乳頭は毛細血管とつながっており、毛細血管から運ばれてきた栄養を、毛母細胞に渡します。栄養がきたら、毛母細胞は毛を作り始めます。毛乳頭は栄養だけでなく、毛が生えるのを促す...